備忘録

がんばることって悪くない

こんにちは、ジュンです。

みなさんは「がんばる」ってどういうことだと思いますか?

私は「がんばる」ということに対するイメージはあまりいいものではありませんでした。

◎がんばっても認められない、わかってもらえない
◎こんなに努力しているのにもっとがんばらないといけないの?
◎何かを成し遂げるにはどうしても必要なこと

もっといろいろあると思うのですが、このようにやりたくないのにやらないといけないこと、がんばってもその努力は認められないものという認識になっていました。

昨年春頃に「もうがんばりたくない」という言葉が降ってきて、彼にお別れの言葉を投げつけた私。

「がんばる」を手放したくて、自然体で努力もせずにすべてが叶う世界が欲しいと思っていたんです。

どこに向かってがんばってるの?

もうがんばりたくない
がんばるを手放したい

そう思っているのに、気づくとがんばっちゃってるんですよね。

なぜかって?
がんばるのが好きみたいなんですよ!笑

そんな私を
「なぜ手放したいと思っているのに手放せないの?」
「私ってバカなの?」
と手放せない私がおかしいという世界にいました。

で、先日の上級講座での学び。

「がんばる」って種類があるんですね!?

今までの私は彼を失いたくなくて言いたいことも言えず我慢していたし、状況を改善したくてあれやこれやと現実にテコ入れして、さらに拗らせてもがいていました。(うん、がんばってた)

気持ちも感情も抑えまくって、苦しいしつらいし、エネルギーの消耗って半端なかったと思います。

そりゃもうがんばりたくないー!!!ってなりますよね。

でも、自分が目指すものに向かって努力したりがんばったりすることもありますよね?

私の場合は、彼の地元に引っ越したくて転職も物件探しも遠距離の移動も、そして苦手な運転もがんばりました。

それがあまり苦じゃなかったのは、彼と一緒にいる未来が近づくことが嬉しくて楽しくてワクワクしてたんですよね。

これも「がんばる」だと思うんです。

過去を見たり、現状を力尽くでなんとか変えようとしてみたり、そういう「がんばる」って後ろ向きなんです。必要以上のエネルギーが漏れ出てしまうし、私の努力で変えられるものではなかったりもするし。

でも、未来に向かって私の世界や可能性が広がっていくものが観えることに対する「がんばる」って、得られたときの充実感や楽しさ、ワクワクするような感情を先取りできていたりするので、つらい~って思うことはあっても苦じゃなかったりします。

つまりは意識の先がどこを向いているかってこと

過去に意識が囚われているときって願いは叶いません。

本当に私が欲しいものが観えていないから。

「がんばる」も同じだなって。

現状を何とかしようとしているときって、『今』や『過去』という三次元を無理矢理変えようとしているってことですもんね。

おまけにHave toだったりもする。

意識を向ける先は過去ではなく未来と言われているように、がんばっているときもどこを向いているのかを意識してみると、手放した方がいいのか、そのまま楽しくがんばればいいのかがわかりやすいなと思いました。

で、思ったんですけど。

私はどうもがんばっちゃうタイプみたいなんですよ。

特に彼の前では。

彼の前でついつい良いところを見せようとしてがんばっちゃう私って可愛いなって。
そしておっちょこちょいなので、空回りしてドジしたり失敗したりするんですけど、それをさりげなくフォローしてくれる彼ってカッコいいなって思ったんです。

男性が彼女の前でカッコいいところを見せたいと思うように、私も彼の前で良いところを見せたいと思っていたようです😊

「がんばる」って何さ!っていうところから、2人のパートナーシップも観えたりして。

◎俺の前でがんばっちゃうほど好かれているんだなって思って欲しい
◎がんばった結果、恥ずかしい失敗も自然に見せられる私になりたい

という副産物を得られました。

みなさんはがんばりすぎていることにダメ出しをしていませんか?

何に向かってがんばっているのか、一度見てみるといいかもしれませんね!
がんばることって悪くないよって話でした。

私至上最高の人生を創るセッション提供中♡

【ご提供中メニュー】
詳細は画像をクリック♪

▽LINE公式
限定イベントのお知らせや具現化の視点を不定期でお届け♪
友だち追加

【お問い合わせはこちら】
お勧めメニューを知りたい、セッションについて気になるなど
お気軽にお問い合わせください♪