備忘録

傷ついた心を認めること

こんにちは、ジュンです。

たびたび書いておりますが私は音信不通を繰り返す彼とのパートナーシップをオーダーしています。

疑いの眼差しは信頼したいの裏返し

出会って7年が過ぎ、音信不通だった彼とも少しずつ連絡が取れるようになり嬉しい反面、素直に受け取れない私もいました。

それが何故なのか、彼の言葉を素直に受け取れず

「それウソだよね?」

と、捻くれておりました。

それは過去彼にされたことで私の心が深く傷ついたということからくる疑心暗鬼だったようです。

加えて望まない現実の彼を直視したことで

私の前ではなんでそんな出方するの?
何か裏があるの?

と、これまた疑ってばかりいたんですね。

素直に受け取れないときは私の心に答えがある

なぜ、素直に彼の言葉を受け取れないのか、そこを見たとき

  • これまで何度も連絡なしのドタキャン、音信不通など不誠実な態度で私がどれだけ傷ついてきたか彼にちゃんとわかって欲しい
  • もうそんな態度では出てこないで欲しい
  • 私が傷つくことはもうしないで欲しい
  • 自分の都合のいいときばかり頼らないで欲しい
  • もっと私の気持ちを大切にして欲しい

そんな思いが出てきました。

オーダーを出すときって、私も彼もその周りの人も全ての人にとってどんなwinがあるかという視点で見てるんですね。

もちろんそれは前提にあるのですが、私の傷ついた心を癒やすにはそれでは足りなかったんです。

私が傷ついた心は置いておいて「この先の未来では傷つけない彼でいてね」みたいな感覚。

『私が傷ついた心は置いておいて』

↑わかります?

私の傷ついた心をそのままに、その先のオーダーを出してたんですよ。

  • 私は彼にされたことでこんなに傷ついていたんだ
  • その気持ちを彼にもちゃんとわかって欲しい
  • 彼も自分の態度をしっかりと反省して本当の優しい彼で登場し直して欲しい

ここを認めたとき私の心は喜びました。

私はこんなふうに思っていたんだということを、しっかりと認めることってとっても大事。

だからこそ、これからは彼の言葉も素直に受け取れる私になる。

見て見ぬ振りをしている私の気持ち、みなさんにもありませんか?

私至上最高の人生を創るセッション提供中♡

【ご提供中メニュー】
詳細は画像をクリック♪

▽LINE公式
限定イベントのお知らせや具現化の視点を不定期でお届け♪
友だち追加

【お問い合わせはこちら】
お勧めメニューを知りたい、セッションについて気になるなど
お気軽にお問い合わせください♪